経営方針

当グループの理念

知恵と奉仕の精神で、企業経営の健全なる 発展に貢献する

経営コンサルタントとは


―ケンジコンサルタントグループ(略称KCG)の命名由来―


        雨ニモマケズ 
                                        
                                                              ケンジコンサルタントグループ
                                                                           代表    亀村  治


宮沢賢治は、法華経の詩人といわれる。法華経に深い感動を受け、その精神に
生きた。
賢治が病床で記した「雨ニモマケズ」を時々お経のように口ずさみたくなることが
ある。


雨ニモマケズ  風ニモマケズ  雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナ身体ヲモチ  欲ハナクケッシテ怒ラズ 
イツモ静カニワラッテイル


 一日ニ玄米四合ト  味噌ト少シノ野菜ヲ食べ 
アラユルコトヲ自分ヲ勘定ニ入レズニ 
ヨク見キキシワカリ  ソシテ忘レズ
 
野原ノ松ノ林ノ陰ノ  小サナ茅ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ  行ッテ看病シテヤリ 
西ニ疲レタ母アレバ  行ッテソノ稲ノ束ヲオイ 
南ニ死ニソウナ人アレバ  行ッテ怖ガラナクトモイイトイイ 
北ニ喧嘩ヤ訴訟ガアレバ  ツマラナイカラ止メロトイイ
 
日照リノトキハ涙ヲ流シ  寒サノ夏ハオロオロ歩キ 
ミンナニデクノボウト呼バレ  誉メラレモセズ  苦ニモサレズ 
ソウイウモノニ  ワタシハナリタイ                             
                                                                           (宮沢 賢治)



この詩は、昭和6年11日3日、病床で手帳に記された。(賢治は翌年9月に亡く
なっている)
農学校(盛岡高等農学校・現岩手大学農学部)で学んだ知識で農民の指導に献
身して挫折し、病の床で到達した心境という。指導するのではなく、ともにオロオロ
歩こうというのである。
広くスタッフといわれる人の基本姿勢ともいえるが、繰り返し口にしていると、コン
サルタントとしての究極の姿を教えられている気になる。



                            [ 昭和58年4月23日 記 ]




書籍文化の向上に貢献する

アナログ対応の書店です。あくまで紙ベースの書籍の取寄せと手触り感のある装丁、書籍文化を大切にします

ネット環境にない、ネット書店の利用が難しい方、電話・FAXにてご利用ご注文いただけます。
なお、当店は一部書籍の取次ぎ機能を持っていますので、書店で未扱いのものでも流通在庫があれば取寄せすることもできます。
(ただし、読者直販品については、取扱の出来ないものもあります。)

*当書店では、紙の本のしおり「アカツカ・スワンタッチ」を応援しています。はさみ変え不要のしおり。製造元:タカハシ金型サービス、製作・販売:板橋区赤塚(アカツカ)福祉園 電話03-5383-5741


            

共存共栄、義利合一、合本(がっぽん)興業の精神
 

☆当グループのこの理念は、渋沢栄一の経営理念から採ったたものです。

※※青淵(せいえん)渋沢栄一の経営思想(「青淵」は雅号)※※ 

・共存共栄    ・義利合一(道徳経済合一説)
・合本主義(経営民主主義)        ・事業一元主義
・地方事業の振興                    ・労使不二(労使無差別)


[共存共栄] :「自他ともに生存し、繁栄すること」「二つ以上のものが対立することなく、互いに助け合い、共に栄えること」。渋沢栄一の言動の根底には、この共存共栄の精神が脈々と流れている。


[合本主義]:個人経営よりも株式会社等の会社組織により事業を経営すること。独力経営の利殖法を避け、多くの人から合資協力による会社組織等を通して、利益を独占せず、多くの人とともにその恩恵に浴するというもの。(合本興業)

[義利合一]:道義を尊び、第一義とするもので、営利の追求も資本の蓄積も道義に合致するものでなければならないとする。経済活動は、正しい道によるべきこと。「論語と算盤」

[事業一元主義]:ひとつの事業に専心従事すること。一つひとつの事業に専心専一をもって望む態度が大切とした。

[地方事業の振興]:国の発展にとって、地方事業の勃興・事業の必要性を唱えた。国家にとっての地方は、真に元気の根源・富裕の源泉とするもの。(地方・郷土の振興)

[労使不二]:労使は、単なる温情的労使関係でなく、経済的合理性を加味した、労使一体となった経営を推進した。分かち合い・痛み分けの論理的経営をいう。


・「量入為出」(支出・収入のバランスを図る)

ー恒産有って、志立つー
  渋沢青淵、京都相国寺にて西郷南洲と豚鍋を食す

ー経済の真理は、相互の利益を図るにありー


ー儲けは商売のカス、客(世の中)の役に立つことが先決ー

(人様のお役に立つその結果が儲け、客を満足させることが先決、お金は二の次、必ず付いてくる)

ー不義の富は、我においては浮雲のごとしー

*(青淵座右銘) 相愛、忠恕の道をもって交わる
*(処世訓) 人事を尽くして、天命を待つ
*(一言集) 世の中は「持ちつ持たれつ」「人はあいみたがい」

*(青淵墨書) 「忠恕」(チュウジョ:思いやりが深いこと)  「経世済民」 「人間、晩晴を尊ぶ」 「名を成すは、常に窮苦の日にあり。事に敗るは、多く得意の時による」 「温故知新」

*恒産なきもの恒心なし(諸井恒平・秩父セメント初代社長)


「諸井 虔」の名言・格言

①儒教倫理経営と近代資本主義の父-「渋沢栄一」の経営思想 ②渋沢青淵と「忠恕の経営」-儒教的民主主義の復権をめざして(当グループ代表 亀村 治の著述、経営哲学学会・日本労務学会発表)

◇渋沢栄一の事蹟については、北区飛鳥山公園にある「渋沢資料館」に常設展示されています。

*埼玉県深谷市の深谷駅北口に設置された「ふっかちゃん時計」(からくり時計)に定時に現れる渋沢栄一像
没後80年記念事業の一環として設置された。渋沢栄一翁が手に持っているのは、市松人形と青い目の人形。ふっかちゃん(深谷市のゆるキャラ)は、「ゆるキャラグランプリ2014」で、第3位になった。

適正な対価での専門サービスの提供

サービスを継続して提供するためには、最低限コストに見合う収益が回収されなくては、継続してサービスを提供することはできません。それは非営利活動でも同じで、どんな事業・サービスでもいえます。お客様にそのための費用をご負担いただくことがサービスを提供し続け得ることになります。

なお、中小企業庁では中小企業・小規模事業者向けに「価格交渉サポート事業」を行って、適正取引・適正価格等の実現を図っております。当グループ代表の亀村は、価格交渉サポート事業の個別対応専門家として、全国中小企業取引振興協会よりH28年度の専門家に委嘱されました。

特定非営利活動法人NPOビジネスサポートは、関東財務局長より平成25年4月26日付で「経営革新等支援機関」に認定されました。(NPOビジネスサポート監事 亀村 治)☆